相続したら

電話をかける税理士

税金問題が付いてくる

被相続人が亡くなって遺産が家族に継承されたときには継承された財産は一定割合で税金を納めなくてはいけません。 これを相続税と言います。 相続税を納めることは法律でも義務付けられているため、一部の例外を除いて継承した財産から計算しなくてはいけません。 税金の計算方法に関しては、財産が多いとそれぞれのケースに応じて手法を変えないといけないため専門家でないとわからない部分があります。 そのため、このような場合はしっかりと弁護士に相談することが大事なのです。

税金を払い忘れ

相続税を払い忘れると、面倒な法的問題に巻き込まれてしまうことになります。 そもそも、脱税は犯罪です。 脱税が昔から犯罪だと考えられているのは、税金を納めることが国民の義務であることが憲法で規定されているからに他なりません。 そのため、相続税を支払い忘れると最悪の場合には懲役刑にもなりますし余分にお金を支払わなくてはいけない事態になるのです。 税金に関する国民に対する罰はかなり重い部類に入るため、相続があったときには遺産の計算を忘れないように注意をしなくてはいけません。 幸い、弁護士に対する相続に関する相談料金は一般的な手続きにかかる費用と比較しても高くありません。 安全に財産を継承するためにも必要なことはきちんとしておきましょう。